【sustainable PETFOODができるまで】試供品アンケートでの皆様の声


ペット用フードの開発を始めてからたくさんの試作を重ねてきました。

愛犬が食べる様子しか見ていなかったので、皆様からの反応はどのようなものなのか大変興味深くアンケートのお返事を心待ちにしていました。


アンケートのお返事をいくつかご紹介させていただきます。


・始めは興味なさげにしてたけど食欲が旺盛になって、今では袋を見ただけで 尻尾フリフリ全開!です


・薬が混ざったご飯を嫌がって今まで一苦労だったけど、これを混ぜるとすんなり食べてびっくりした。



たくさんの方に家族のワンちゃんネコちゃんの悩みや食べた感想を色々教えていただき、とても勉強になりました。




その中に、

次のような内容がありました。


【試食品を1週間かけて食べさせたところ、余さずパクパク食べたこと、

生まれつき後ろ足が悪く、けいれんを起こしたりするが、けいれんの回数が減ったような気がして家内が喜んでいるので定期便で購入したい】と


まだ本製品もできていない時期でしたので、試作を重ねるたびに、協力していただき試食してもらっていました。


それから5か月。

奥様から送られてきたお手紙に胸がいっぱいになりました。


【今までテンカンのような症状が出てひきつけを起こしたり、突然パッタリと倒れたりと 病院で診てもらっても治らないからといわれて、もう長くは生きられないと思っていたワンちゃんが、送っていたペットフードを食べて本当に元気になった】と。



【鼻の頭の皮も乾燥してめくれ上がりそうだったのがきれいになった】

【毛艶もよくなり、後ろ足が悪いのを忘れるくらいしっかり歩けるようになった】とも。



私は、改めて約3億年前から存在した古代魚の一種であるチョウザメをもっと知りたいと思いました。

数十年生きる長寿の魚。中には150年生きたとされるチョウザメもいるほど。


宮崎にこんな素晴らしい魚がいるんです。

1983年に旧ソ連から親善交流として贈られてきた200匹のチョウザメ。当時贈られたチョウザメは今なお元気に泳いでるものもいるそうです!

その研究をずっとずっと続けてこられた方々も本当に素晴らしいと思います。


命のバトン、情熱のバトン、夢のバトン…

たくさんの想いを繋いで 皆んなの幸せになるといいなと思います。






閲覧数:86回0件のコメント